経理の初歩から国際税務まで、あらゆるニーズに最適のアドバイス

仰星税務法人

お問い合せ

ニュースリリース

大蔵財務協会発刊「移転価格税制詳解 理論と実践ケース・スタディ(平成27年版)」

2014年12月22日

2014年12月15日に、弊法人の代表社員である村松昌信が執筆した「移転価格税制詳解 理論と実践ケース・スタディ(平成27年版)」(大蔵財務協会)が発刊されました。

難解とされる移転価格税制について、その導入から運用、執行にいたる経緯を趣旨からひも解き、詳細かつ理論的に解説した一書です。
最適方法ルールの見直しやBEPSにおける議論等の最新動向を盛り込み、大幅に内容を見直すとともに索引を新たに設け、利便性が向上しています。
(さらに…)

「組織再編等に係る会社と株主との取引をめぐる税務上の論点整理」が公表されています。

2014年9月17日

日本公認会計士協会のホームページで、租税調査会研究報告第29号「組織再編等に係る会社と株主との取引をめぐる税務上の論点整理」が公表されています。
(さらに…)

中小企業経営力強化支援法に基づく経営革新等支援機関に認定されました。

2013年6月21日

仰星税理士法人は、2013年3月21日付けで経営革新等支援機関に認定されました。
(さらに…)

「平成25年度税制改正大綱」が公表されています。

2013年2月1日

財務省のホームページで「平成25年度税制改正大綱が閣議決定されました」が公表されています。
平成25年度税制改正の大綱のポイント、次のとおりです。
(さらに…)

「中小会計要領」の普及に向け、信用保証料率の割引制度が開始されます。

2013年1月31日

中小企業庁のホームページで「「中小会計要領」の普及に向け、信用保証料率の割引制度を開始します。」が公表されています。

平成25年4月から3年間、「中小会計要領」を会計ルールとして採用する中小企業の信用保証料率が0.1%割り引かれます。
(さらに…)

「平成24年分確定申告特集ページを開設しました」等が公表されています。

2013年1月8日

国税庁ホームページで「平成24年分確定申告特集ページを開設しました」等が公表されています。

申告・納税の期限のほか、申告書の作成の方法や具体的な記入例、納税の手続等の確定申告に関する情報が分かりやすく説明されています。
(さらに…)

「平成25年版源泉徴収のあらまし」等が公表されています

2012年11月28日

国税庁ホームページで「平成25年版源泉徴収のあらまし」等が公表されています。
(さらに…)

法人が「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」を適用した場合の税務処理が公表されています

2011年10月24日

国税庁は、法人が「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」を適用し、遡及処理を行った場合の税務処理について取りまとめ、ホームページにおいて公表しています。
(さらに…)

IFRSセミナー(最新動向とIFRS財務諸表分析)のご案内

2011年8月25日

IFRSの日本への導入については、今年6月末の企業会計審議会において適用の範囲や時期について検討を行うことが合意されました。今後、企業会計審議会の議論の進捗に伴い、徐々にその方向性が明らかになってくるものと思われますが、IFRS適用のスケジュールが不透明な状況を背景として、企業側では今後の対応を模索する動きが見られます。
今回のセミナーでは、まず今後の対応の前提となる導入をめぐる最新動向について解説します。その上で、2011年3月期よりIFRSを任意適用したHOYA株式会社の財務諸表を分析し、コンバージェンス項目にも触れながら解説をいたします。
(さらに…)

過年度遡及修正の「演習講座」と「監査実務」セミナーのご案内

2011年8月15日

平成23 年4月1日以後開始する事業年度より、「過年度遡及修正」という「全く新しい会計・開示実務」がスタートしました。そこで、「過去の誤謬の訂正」を例にとり、「実際の四半期報告書をどのように遡及修正して行くか」を「演習形式」で行います。また、「過年度遡及修正に対する監査実務」、特に「重要性判断」「過年度遡及修正に関する内部統制監査」等監査上の留意点について、企業サイドで対応を要する観点からご説明させていただきます。
会場及び開始時刻が変更されておりますのでご留意下さい。
(さらに…)

仰星税理士法人 東京都千代田区九段南3丁目3番6号 麹町ビル2階 TEL: 03-5211-7880 FAX: 03-5211-7886
お問い合せはこちらから